ジャンベと踊り

2015年12月15日

レムリアとジャンベ

dlembe


先日のジャンベ練習会♪
参加くださったみなさま、楽しい時間をありがとうございました☆

              *


友人のリーディングによると、
「レムリアの時代、ジャンベ(ジェンベ)のような太鼓を使い、
グランディングしていた」
とのこと。

グランディング:
地球とつながり、地に足をつけること

私の観察したところでは、確かに、ジャンベにひかれる人達の
多くは、レムリアの時代に生きていた人が多いようです。
特徴としては、自然の調和を重んじて、素朴でシンプルな
生き方を好む人が多いです。
(もちろん、それだけではないですが)

私の場合は、レムリア時代の影響というよりは、
過去世においての、アフリカ人としての体験のほうが強く
影響している感じですが(笑)


ジャンベの響きは、実際、第1チャクラ、第2チャクラに影響し、
活性化していくのを感じます。
なので、グランディングされるわけです。

そして、ジャンベのリズムとともに踊るダンスは、
大地や天、自然とつながりながら、また見えない存在、人との
コミュニケーションとして踊る、
という意味合いが強くあります。

ただ楽しいだけではなく、ジャンベの音、リズム、ダンスは、
太古の叡智そのものであり、
自然や神とのコミュニケーションのツールでもあると思います。


blissfullife at 08:30|Permalink