2017年02月07日

ナーダブラーマ瞑想 by osho

UNI_1175



ナーダブラーマ瞑想は、ハミングを使ったチベットの古い
テクニックのひとつです。
oshoは現代人のために、このテクニックを1時間の瞑想法
として紹介しています。



ハミングは途方もなく役立ちうる。

しかも、それはいつでもできる。
少なくとも1日1度、2度できるならそれがいい。

それはあなたの全存在に平安をもたらすほど、偉大な内なる音楽だ。
そのときあなたの葛藤する部分は調和しはじめ、やがてあなたに
聞きとることのできる微妙な音楽が、体内に湧きあがってくる。

3~4カ月たったら、ただ静かに坐っているだけで微妙な音楽を、
内側のハーモニーを、一種のハミングを聞くことができる。

エンジンが好調にうなりをあげている車のように、あらゆることが完全に
順調に機能している。
腕ききのドライバーは、何かがうまくいっていないと分かるものだ。
乗客たちは気づいていないかもしれない。が、彼には車のうなりの変化が
たちどころに分かる。
そのとき、もはやうなりは調和のとれたものではない。
新しい騒音が生じている。
ほかの人は誰ひとり気づいていない。
が、運転を愛する人なら、すぐに何かがうまくいっていないことに、エンジンが
しかるべく機能していないことに気づく。

よいハミングをする人は、物事がうまくいっていない時、まもなくそれを
感じはじめる。
もし食べすぎたとしたら、あなたは内なる調和が失われていることに気づく。
そこで、やがては過食するか、内なる調和を保つかを選択しなければ
ならなくなる。

だが、内なる調和はあまりにも貴重な、あまりにも神性なとほうもない至福だ。
もっと食べることなど誰が気にする?
そして、まったく規定の食事をとる努力などなしに、あなたはよりバランスの
とれた食べ方をしている。
そうすると、ハミングはもっと深くはいり込み、どの食事がハミングの妨げに
なるかが分かるようになる。
消化の悪いものを食べると、それはあまりにも長く組織の中にとどまる。
そこで、ハミングがあまり完全なものではなくなる。

osho



blissfullife at 13:15│瞑想 | osho(和尚)