2017年01月24日

天国も地獄もあなたの外側にあるのではない by osho

木26



喜びに満ちた心というのは、星々のとても近くにある


悲しみ、悲嘆に暮れて、惨めな人達だけが、地獄へと向かっていく。
彼等は自分自身の地獄を作り出しているのだ。
喜びに満ち、歌い、踊り、祝っている人達は、自分の歌や踊りによって
天国を作り出している。

天国を作り出すか、暗闇に、地獄の炎に落ちるかは、あなた次第だ。
天国も地獄もあなたの外側にあるのではない。
どちらもあなたの内側にある。
すべては、あなたがどちらを選ぶかにかかっている。

神聖なものを選びなさい、もっともっと祝祭に満ち、陽気であることを
選びなさい。
そうすれば、あなたの存在にはもっとたくさんの花が咲き乱れ、
もっともっと芳香たる香りを手にすることができるだろう。

そうすることは、あなたの助けになるばかりでなく、あなたが出会う人達
すべての助けにもなる。
喜びは病気のように感染するものだ。
誰かが踊っているのを見ると、突然、あなたの足も踊り始めるのを感じる
だろう。

あなたはそれを抑えようとするかもしれない。
というのも、コントロールすることを教えられてきたからだ。
けれども、身体は一緒に踊りたがっている。

笑う機会があるならいつも、それに加わりなさい。
踊る機会があるならいつも、それに加わりなさい。
歌う機会があるならいつも、それに加わりなさい。
そうすれば、いずれあなたは、自分が天国を作り出したことに気付くだろう。

by osho



blissfullife at 20:31|Permalinkosho(和尚) 

2016年12月21日

☆2017年1月のお知らせ☆

UNI_1088



<2017年1月のご案内>


■勉強会

●2017年1月11日(水) 決定♪
 10時~   

●場所 :二本松市内の施設

●参加費:1000円

●時間厳守でお願いします




■グループ瞑想会 

今年最後です♪
心身の浄化にも最適です。

●2016年1月21日(土) 決定♪  ~踊を瞑想にする~

 14時~ 受付
 14時15分~ スタート  

●場所 :二本松市内の施設(いつもと同じ場所)

●参加費:1000円

●時間厳守でお願いします




■お問い合わせ&申込み >>>  こちら まで♪

*注意* 携帯メールの方の設定によっては、こちらからの
       返信が届かない場合もあります。



2016年11月18日

☆12月のお知らせ☆

UNI_1135



<12月のご案内>


■勉強会

●2016年12月7日(水) 決定♪
 10時~   

●場所 :二本松市内の施設

●参加費:1000円

●時間厳守でお願いします




■グループ瞑想会 

今年最後です♪
心身の浄化にも最適です。

●2016年12月17日(土) 決定♪  ~踊を瞑想にする~

 14時~ 受付
 14時15分~ スタート  

●場所 :二本松市内の施設(いつもと同じ場所)

●参加費:1000円

●時間厳守でお願いします




■お問い合わせ&申込み >>>  こちら まで♪

*注意* 携帯メールの方の設定によっては、こちらからの
       返信が届かない場合もあります。

2016年11月16日

母親になるということ03 by osho

UNI_1140



そして3つ目のこと・・・

道徳に耳を傾けてはならない、宗教に耳を傾けてはならない、文化に
耳を傾けてはならない・・・
「自然」に耳を傾けなさい。

自然であれば何であろうと・・・たとえそれが、時々あなたにとってとても
難しいとしても、あなたにとってはとても居心地が悪いとしてもだ・・・
なぜなら、あなたは自然に従って育てられては来なかったからだ。

あなたの両親は、あなたを真の芸術、愛では育てなかった。
それは偶発的なことに過ぎなかった。同じ間違いを繰り返してはいけない。
何度もあなたはとても不安に感じるだろう・・・。

たとえば、幼い子供が自分の性器で遊び始める。母親の普通の傾向は、
子供を止めることだ。なぜなら、彼女はこれはいけないことだと教えられて
きたからだ。たとえ彼女が何も悪いことではないと感じるとしても、そこに
誰かがいれば彼女は少しきまり悪く感じる。
きまり悪く感じなさい!それはあなたの問題だ。子供とは何の関係もない。
きまり悪く感じなさい。たとえそれで、あなたが社会において尊敬を失うことに
なるとしても。

決して子供の邪魔をしてはいけない。自然に自らの道を取らせなさい。
自然が開いて見せようとしていることを、何であれ容易にする為にあなたは
そこにいる。
あなたは自然を監督するべきではない。
あなたはただ助けとして、そこにいるべきだ。

だから、この3つのこと・・・そして、瞑想し始めなさい。
子供が生まれる前に、あなたは出来る限り深く瞑想の中に入って行くべきだ。

子供があなたの子宮の中にいる時、あなたが何をしていようとも、すべて
絶え間なく子供にヴァイブレーション(振動)として伝わる。

もしあなたが怒れば、あなたの胃は怒りで緊張している。子供はすぐにそれを
感じる。悲しい時は、あなたの胃は悲しみの雰囲気を持っている。
すぐに子供は活気なく落ち込んで行くのを感じる。子供は完全にあなた次第だ。
子供はまだ自立していない。あなたの風土が彼の風土だ。だから、もう争いは
なしだ、もう怒りはなしだ。

だからこそ、私は母になることは偉大な責任だと言っている。
あなたは多くを犠牲にしなければならないだろう・・・。
もしまさに最初から、怒り、憎しみ、衝突が子供のマインドの中に入れば、
その時には、あなたは彼の為に地獄を引き起こしている。彼は苦しむだろう。

そうであれば、子供を世界の中にもたらさない方がいい。
なぜ子供を苦しみの中に連れて来るのか?
世界は途方もなく苦しんでいる。
そもそもこの世界の中に子供を産み落とすことは、とても危険なことだ。
しかし、それでもあなたがそうしたかったら、せめてこの世界において、
まったく違う子供をもたらしなさい・・・

惨めではなく、少なくとももう少し世界が祝うのを助ける子供を。
彼は世界の中に、もう少し祝祭をもたらすだろう・・・
もう少し多くの笑いを、愛を、生を・・・

osho




blissfullife at 14:59|Permalinkosho(和尚) 

2016年11月15日

母親になるということ02 by osho

UNI_11533



そして2つ目のことは、成人した人を扱うように子供を扱いなさい。
決して子供を子供のように扱ってはならない。
子供を深い尊敬をもって扱いなさい。

神はあなたを主人(ホスト)として選んだ。神は客(ゲスト)としてあなたの存在の
中へ入って来た。
子供はとても壊れやすく、無力だ。子供を尊敬することはとても難しい。

子供に屈辱を与えるのはとても簡単だ。屈辱はごく簡単に生じる。
なぜなら、子供は無力で何も出来ないからだ。
仕返しすることも、反抗することも出来ないからだ。

子供を成人として、そして偉大な尊敬をもって扱いなさい。
ひとたびあなたが子供を尊敬するようになると、あなたは自分の考えを
彼に押しつけようとしなくなる。

あなたはただ彼に自由を与える・・・世界を探検する為の自由だ。
あなたは彼が世界を探検するにあたって、もっともっと力強くなるのを助ける。
だが、決して彼に方向を与えたりしない。

あなたは彼にエネルギーを与える、あなたは彼に保護を与える、あなたは
彼に安全を与える・・・彼が必要なすべてを・・・だが、あなたは彼が世界を
探検する為に、あなたの元から遠く離れて行くのを助ける。

そしてもちろん、自由には間違いもまた含まれている。
母親にとってそれを学ぶのはとても難しい。
あなたが子供に自由を与える時、それはよいことをするだけの自由では
ないからだ。
悪いことをする自由、間違う自由もまた必要だ。
だから子供を注意深く、賢くあらしめなさい。

だが、彼にどんな戒律も決して与えてはならない・・・
誰もそれらを守りはしない。が、人々は偽善者になる。

だから、もしあなたが本当に子供を愛するのなら、ひとつのことを覚えて
おかなければならない。
絶対に、絶対にいかなる方法であれ、偽善者になるように彼を助けたり、
強制したりしてはならない。




blissfullife at 13:31|Permalinkosho(和尚)